あると便利な水汲みの道具

湧き水を飲むだけなら手ですくって飲めばいいので持ち物は必要ありませんが、何度も湧き水を訪れているうちに持ち物が増えました。

水汲みの容器

湧き水を入れるだけならなんでもいいのですが、用途によって容器を使い分けるようになりました。向き不向きは確実に存在します。

  • ボトル:暖かい/冷たいを保温する
  • 折り畳み水筒:多めに持ち帰る
  • ペットボトル:とりあえず汲む
  • カップ:その場で飲む

水に勢いがあるときはカップ不向きです。勢いそのままに盛大にこぼれてしまう。多少の無駄はあきらめ、とりあえずペットボトルで汲んでからカップやボトルに移しています。

500mlのペットボトルは使いまわしがききますが、すすぐのに意外と時間がかかるので、人気の湧き水で人が並んでいるとあせってしまいます。

家を出るときに水を入れて持っていく

水汲みに行くのに水を持って行ってどうする・・・、という突っ込みは当然ですが、行った先で水が汲めるとは限りません。涸れていたり、雰囲気が悪かったり。

水である必要はないのですが、私はカップ麺をつくることを想定しているので水にしています。行った先で水が汲めるときは持参した水を捨て、湧き水を入れています。

ボトル

以前はTHERMOSの魔法瓶を使っていたのですが、klean kanteen インスレート TKWide 12oz(355ml)のBLUSHED(無塗装)に買い換えました。

THERMOSの同容量のもに比べ、重くて太いので持ちにくいし、ネットの口コミによると日本国内メーカーのものに比べると保温性能もいくぶん劣るようです。

それでもコレにした理由は・・・

  • 塗装が剥げない(というか、無塗装)
  • 広口なのでコーヒーのドリップパックなどを直に使える
  • 広口なので洗いやすい
  • ハンドルがついている
  • 部品だけ後から入手できそうなので長く使えそう

水を汲みに行った時は何にでも使ってますが、自宅でお茶などを飲む時も使ってます。

保温能力は高いに越したことはないのでしょうが、あまり保温性が高いと飲みやすい温度になるまで時間がかかりすぎるので、このくらいがバランスが良いのではないかと思います。

広口なのでフタをとっておけば冷めやすく、ちょうど良い温度になってからフタをしています。

折り畳み式水筒

湧き水を入れるだけだが様々な工夫が好印象のエバニュー・ウォーターキャリーシリーズ

水汲みでは大抵の場合ペットボトルで間に合うのですが、数人で使うなど、もっと汲んでおきたいときもあります。

私が使っているのはエバニュー・ウォーターキャリー0.9リットルで、これとペットボトル、ボトルを合わせると合計で2リットル近くになります。

折り畳み式で使わないときは非常に小さくなるので、いま思うと、もう少し大きめの1.5リットル用でもよかったように思います。1.5リットルに0.9リットルだけ入れて悪いことはありませんから。

エバニュー・ウォーターキャリーのメリットは、折りたためるだけでなく、水を入れたときに平たくなるところです。バッグに入れたりバイクのリアキャリアに乗せるときは平たいほうがなにかと納まりが良いですね。

その他、持ちやすいように中央が細くなっている、畳んだときにムダに広がらないようオレンジのゴムで縛ることができる、キャップがなくならないように本体と連結されている、などの工夫が好印象です。

普段は持っていきませんが、折りたたみのポリタンクも持っています。クルマで行くときはこちらも持っていきます。

災害時の水確保用にも大きいものが一つあると便利でしょう。

空のペットボトル

ミネラルウォーターが入っていた市販品を洗って使います。もともと水ですから洗う必要はないかもしれませんが。

折り畳み式カップ

水を飲むのにも使いますが、単なる取り皿としても使います。ボトルで保温しておいてカップで少しずつ飲めば保温も長もち。

折りたたみできる容器はたくさんあるのですが、私が使っているカップの良いところはフタがあること。パッキン付きのスクリュータイプで密閉性が高く水漏れしません。

パッキン付きのスクリュータイプで密閉性が高い

なくても問題ないのに利用頻度が高い容器がこの折り畳みカップです。

浄水器

あると安心、コレにつきます。浄水器を持ち歩くようになって飲める水が増えました。煮沸するほどの時間がとれない、場所がない、湧き水を冷たいまま飲みたい、というときはスーパーデリオスを通して飲んでいます。

水道水、地下水、井戸水、魚などの生物が生息している河川・湖沼の水、入浴剤が入っていない風呂水、トイレタンクの水、プールの水、雨水などで利用できるそうで、病原細菌(大腸菌、コレラ菌、赤痢菌、サルモネラ菌等)、カビ、原生動物(クリプトスポルジウム、ジアルジア、エキノコックス菌等)を除去してくれます。

スーパーデリオスの付属ポーチ、本体。付属のビニールボトルは300ml。右は大きさ比較用のペットボトル

大きさは一般的な500mlのペットボトルとほぼ同じで軽く、お値段もそこそこ、説明書を読まなくても使えるシンプルさ。私は災害対策として追加購入し、未使用のまま家に置いてあります。

フィルター部は国内の一般的なペットボトルでも代用できます。

浄水器部分だけでも売ってますので、ペットボトルを自分で用意するなら多少安価に入手できます。

ただ、水を押し出さないとダメなので、ある程度柔らかいペットボトルじゃないとダメだと思います。

ペットボトルに浄水器を取り付けた様子

使ったあとは軽くすすいでしっかり乾燥させましょう。0.1ミクロンの超微細孔はダテではなく、そのまま置いておいてもなかなか乾燥しません

ボトルとの接続側を外側にしてフィルター部を持ち、強く振れば結構水が出てきます。水が出るとフィルター部が軽くなるのがわかります。

次回、現地で使うときは、飲む前にすすぎのつもりで多少捨ててから

ガスバーナー

脚と五徳を折りたたんだ状態のジュニアコンパクトバーナーと付属ケース

湧き水の水質が微妙に気になるときの煮沸、カップ麺をつくる、お茶を入れる、などにイワタニのジュニアコンパクトバーナーを使用してます。もともと白湯も好きだし、湯沸かしもちょっとしたイベントになって楽しいです。

OD缶を使うキャンプ用のガスバーナーのほうが火力もあっていいと思うのですが、CB缶は100円ショップやコンビニで買えるのでイワタニのCB-JCBを利用しています。

他のガスバーナーを使ったことがあるわけではないので性能等の比較はできませんが、ツーリングで湧き水を沸かす分には不満はありません。

ガスバーナーにCB缶を取り付けた様子

250gのCB缶1本で、気温20~25℃/強火連続使用の場合、約120分間ガスバーナーを利用できます。

カタログスペックだと1リットルの水が沸騰するまで4分。煮沸消毒でプラス1〜2分使うとして、20回は使えますね。

ハードケースがついてくるのでバックの中に入れても安心です。

コンパクトさをとるならEsbitのポケットストーブもいいと思うのですが、直ぐに火を止められないのと固形燃料のやりくりがちょっと・・・。

CB缶

いわゆるカセットボンベ(Cassette Gas Bombe)です。家庭に一台はあるであろうカセットコンロで使うガス缶。形状は阪神淡路大震災を機に規格が統一されたので、どのメーカーのものでも利用できます。

250gのCB缶。ディスカウントストアで3本セットを220円で購入

コンビニ、100円ショップ、ディスカウントストアなどいろんなところで買うことができ、安い時は3本セットで200円ちょっと。

缶自体が小さいミニサイズもあります。容量は少ないのですが湯沸かし程度なら十分だし、コンパクト感は魅力的。ただ、値段がフルサイズよりも高いです。ガスが無くなったらフルサイズのCB缶からミニCB缶にガスを充填してる猛者もいらっしゃいます。

消費期限などは以下を参考にしてください。

風防

風除け、ウインドスクリーンとも呼ばれます。

バーナーの火が風の影響を受けにくくなるほか、熱が逃げにくいのでお湯が沸く時間が無駄に長くならず、結果的にガスの消費量も少なくなります

風防を広げた様子
両端のペグは地面に刺して固定するためのもの

サイズは、重さ:170g、広げたとき:398×240mm、収納したとき:83×240×20mmです。

クッカー

前述のカップの代わりにもなります。

随分前に災害対策として買ってほとんど使ってませんでした。あまり調べもせずに買ったのですが、コンパクトだしステンレス製で丈夫なので不満はありません。

一度に沸かせるお湯の量は600ccが限度だと思います、それ以上はこぼす可能性が高くなる。普通のカップ麺用のお湯を沸かすには十分ですが、ペヤングの2食分が入ったヤキソバは無理ですね。

虫さされ対策

栃木県佐野市・上人の水
栃木県佐野市・上人の水の吸血ヤマビル

山の中にある湧き水はいろいろいます。蚊、ヤマビル、熊・・・。熊はどうしようもありませんが、虫さされは対策次第でどうにかなります。最近は防虫の服もあるようです。

スマホアプリ「Googleマップ」

すでにスマホアプリ「Googleマップ」をご利用の方も多いと思いますが、ここでオススメしたいのはオフラインマップ機能です。

オフラインマップ機能

山奥の湧き水に行くと、スマホが電波を受け取れない、いわゆる「圏外」に入ってしまうことがよくあります。

こうなるとGoogleマップアプリは地図データをダウンロードできないため、残念ながら役に立ちません。

オフラインマップ機能は、事前に地図データをダウンロードしてスマホ内に保存しておくので、圏外でも地図データをダウンロードする必要がなくなり、圏外にいても地図を利用することができるようになります。

もう一つ利点があり、圏内であっても、地図データのダウンロードが必要ないので、パケット使用量の節約になります。

その代わり、スマホのストレージを消費します。

ダウンロードする範囲は自由に決められます。私は北は福島、南は静岡くらいまで、かなり広範囲にデータをダウンロードしており、約2.1GBのストレージを消費しています。

位置情報はパケットを消費しない≒電話回線不要

スマホの位置情報は衛星から直接電波を受信するため電話回線不要です。そのため、オフラインマップを用意しておけば、圏外であっても自分の位置を地図で表示できます。

ただし、位置情報を取得する電波が届かないところ、例えばトンネルなどでは位置情報は使えません。

圏外では経路検索は利用できない

経路検索は、検索命令を送信する/検索結果データを受信するために電話回線が必要なので、圏外では利用できません。

それでも自分の現在地を地図上で確認できるだけでずいぶん違いますので、山奥の湧き水へ行く場合はお試しください。

なお、トップページにあるGoogleマップの右上にある「正方形の四隅だけの形をしたアイコン」をクリックすると、湧き水マップをアプリに取り込むことができます。

小銭(50円硬貨)

道具ではないのですが。

募金したり、チップ制のトイレで使います。手元に500円硬貨しかないと涙でます。

持っていくのは50円硬貨をオススメします。10円だと財布が重くなります。

湧き水であれトイレであれ、その維持には費用がかかります。どうぞご協力ください。

チップ制のトイレ

神奈川県秦野市・葛葉の泉
神奈川県秦野市・葛葉の泉のチップ制トイレは50円

チップ制のトイレは100円が多い印象ですが、50円のときもあります。

湧き水の募金

群馬県沼田市・玉原高原ブナの湧き水
群馬県沼田市・玉原高原ブナの湧き水の、カエルのお願いポーズ

金額は様々ですが、どちらかというと任意のほうが多いと思います。

任意だといくらくらい入れたらいいのか迷いますが、50円/回くらいでいいのではないかと思います。500mlのペットボトルの水が100円/本以下で買える時代ですから。

私はその水場が気に入った時は、1円硬貨など財布を軽くするために残っている硬貨を全部入れたりしてます。


皆さんも、ぜひお気に入りの水汲み道具を見つけてください。湧き水の楽しさが倍増しますよ。準備が整ったら湧水へ出かけましょう!

  • 湧き水マップについて

  • ツーリングで訪れた箱島湧水で湧き水に魅せられ、バイクで湧き水スポットや水汲み場を巡るようになりました。

  • このサイトでは、関東地方の訪れた湧き水の記録と今後行ってみたい湧き水の下調べを掲載しています。

  • 湧き水はパワースポットとして注目されていますし、水そのものも料理、健康管理、ダイエットなどで使い方が見直されてます。どうせなら水を汲むところからどうですか。

  • 湧き水マップでお近くの湧き水を探してみてください。

  • 湧き水マップ管理人
    埼玉県在住、趣味はバイクツーリング

  • ※リンクはご自由にどうぞ。湧き水レポートの写真複製/転載は出典を明記していただだける場合はご連絡不要です。

湧き水マップ
水汲みに行こう。湧き水マップ