湧き水レポート群馬県館林市竜の井

2022.09.04

善導寺の移転の際に残された井戸

『竜の井』の読みは「たつのい」です。館林駅前から旧秋元別邸まで、館林市の歴史建造物をつなぐ散策路「歴史の小径」沿いにあります。

もともとここには善導寺がありましたが、1990年に館林駅前広場整備事業に伴い移転しました。現在は城沼の北東にあります。

善導寺移転の際に本堂前にあった井戸が、二本の大銀杏と共に残されたそうです。

群馬県館林市・竜の井
館林駅から徒歩1分

構造上、水汲みは不可

水場はきれいに整備されており、中央の石から水が湧き出ています。

もともと水汲みを想定しているような造りではありません。イチョウの横にポンプらしき設備があるので、井戸水を汲み上げているのだと思います。

館林の歴史モニュメントみたいなものでしょう。

群馬県館林市・竜の井
きれいに整備された水場
群馬県館林市・竜の井
石の中央から水が湧いている

現地の看板には『竜の井』の伝説が書いてありました。

榊原康政が館林城主として入場した際の城下町の整備にともなって、この地に移転しました。移転に際して寺で説教が行われた時、城沼に棲む竜神の妻が美しい女性に姿を変え真剣に聞いていたといわれ、その後、この女性は迷いから救われたお礼として、この井戸に入ってお寺をお守りしたいと井戸の中に姿を消したといいます。

現地の看板より
群馬県館林市・竜の井

柱と梁の彫刻がすごい!

はじめ水場ばかりみていたのですが、ふと見ると柱には繊細な青海波(せいがいは)が彫刻されています。見上げると、竜の彫刻が!城沼の竜神でしょうね。とても精巧なつくりで、驚きました。

群馬県館林市・竜の井
竜神の彫刻

アクセス・駐車場

東武伊勢崎線館林駅から徒歩1分です。

駐車場は駅近くにあるコインパーキングをどうぞ。

トイレは駅前の館林駅東口バス待合所・トイレがあります。

なお、駅の反対側、西口には見学できる施設が複数あります。

近くの湧き水/水汲み場

群馬県館林市・竜の井からクルマで30分以内に行けそうな、直線距離で半径10km以内にある湧き水/水汲み場のレポートです。

混んでいるときは、近くの湧き水で時間調整するのがオススメです。

  1. 群馬県館林市・青龍の井戸

群馬県館林市・竜の井へ行く前に

公開 / 更新

特徴

  • 湧水を飲む/飲まないはご自分で判断してください。「湧き水を安全に飲むために」も併せてご覧ください
  • 評価は単なる私の好みです。★★★が最高点。★が普通。また行きたいかどうかの目安であり、水のおいしさや安全性とは直接関係ありません

天気予報

観光

地図

緯度, 経度:

コメントをいただけるとうれしいです

行ったことがある方は「美味しい」「冷たい」「ここが違う」など、まだの方はご質問など、お気軽にどうぞ。スパム防止のためいただいたコメントはすぐに公開されません。ご了承ください。

水汲みに行こう。 湧き水マップ

サイトマップRSS
English English 日本語 日本語
  • 湧き水マップについて

  • ツーリングで訪れた箱島湧水で湧き水に魅せられ、バイクで湧き水スポットや水汲み場を巡るようになりました。

  • このサイトでは、関東地方の訪れた湧き水の記録と今後行ってみたい湧き水の下調べを掲載しています。

  • 湧き水を持ち帰り、飲み水や料理として利用するのはもちろんですが、アウトドアでは現地での給水スポットとして、ウォーキングやサイクリングではその場の水分補給として利用する方も多いようです。また、名水と呼ばれる湧き水は観光スポットとしても人気があります。

  • 持ち運べる距離にある湧き水なら、災害時には生活用水として利用できるかもしれません。

  • 湧き水マップでお近くの湧き水を探してみてください。お気に入りの湧き水が見つかれば幸いです。

  • 湧き水マップ管理人

  • 埼玉県在住、趣味はバイクツーリング

  • ※リンクはご自由にどうぞ。湧き水レポートの写真複製/転載は出典を明記していただだける場合はご連絡不要です。

湧き水マップ
水汲みに行こう。湧き水マップ