2022.08.07

水場がとても大きい

Googleマップでは「富士山の伏流水」と表記されていますが、道の駅の施設マップでは『不尽(ふじ)の名水』となっているので、湧き水マップでは『不尽の名水』にしています。以前は水場の前に『不尽の名水』と表記された看板があったようですが。

溶岩石のような大きな岩をいくつも積み重ねてあります。富士山の頂上付近を表現しているのでしょうか。

採水口に近づくところはちょっと細くなっていて、一人ずつ利用するようになっています。

私がいた間にも次々に人が来て、その場で飲んでいました。

山梨県鳴沢村・道の駅なるさわ 富士山の伏流水
とにかく大きい
山梨県鳴沢村・道の駅なるさわ 富士山の伏流水
水場の裏側

利用時間は09:00〜17:00、一人ポリタンク1個まで

水資源節約のため利用時間は09:00〜17:00です。

採水口は1つで水量はまあまああり、水汲みはしやすいです。

現地の看板では「一人ポリンタンク1個まで」となっていますが、採水口から受けまでの距離が短くポリタンクでの水汲みには不向きと思います。蛇口などもありませんでした。

ゴツイ採水口ですが、水は良くまとまっており、ペットボトルが丁度良いと思います。

山梨県鳴沢村・道の駅なるさわ 富士山の伏流水
構造的にポリタンクは無理っぽい
水量はまあまあ

水は消毒されている

地下300メートルから富士山の伏流水を汲み上げているそうです。

飲用に消毒されているので、安心して飲むことができます。私はその場で飲みました。

この水は飲用水です。水量を飲用に調整しております。そのため滅菌職毒を施しておりますが保存用の処理はしておりませんので早めにお飲みください。

現地の看板より

持ち帰りを想定していない最低限の塩素処理なので、湧き水マップでは水道水扱いにはしていません。

山梨県鳴沢村・道の駅なるさわ 富士山の伏流水
利用時間は09:00〜17:00

アクセス・駐車場

駐車場は広いです。道の駅なるさわの建物を挟むように第1駐車場、第2駐車場があり、バイク専用エリアは第2駐車場にあります。

道の駅なのでなんでもあります。もちろんトイレもあります。詳細は公式ホームページでどうぞ。

隣接して「なるさわ 富士山博物館」があります。入場無料の博物館で富士山に関する展示の他、カフェやミュージアムショップがあります。入口に展示されている石がすごいです。

山梨県鳴沢村・道の駅なるさわ 富士山の伏流水
道の駅なるさわ
山梨県鳴沢村・道の駅なるさわ 富士山の伏流水
富士山博物館

山梨県鳴沢村・道の駅なるさわ 不尽の名水へ行く前に

公開 / 更新

特徴

  • 湧水を飲む/飲まないはご自分で判断してください。「湧き水を安全に飲むために」も併せてご覧ください
  • 評価は単なる私の好みです。★★★が最高点。★が普通。また行きたいかどうかの目安であり、水のおいしさや安全性とは直接関係ありません

天気予報

観光

地図

緯度, 経度:

コメントをいただけるとうれしいです

行ったことがある方は「美味しい」「冷たい」「ここが違う」など、まだの方はご質問など、お気軽にどうぞ。スパム防止のためいただいたコメントはすぐに公開されません。ご了承ください。

水汲みに行こう。 湧き水マップ

サイトマップRSS
English English 日本語 日本語
  • 湧き水マップについて

  • ツーリングで訪れた箱島湧水で湧き水に魅せられ、バイクで湧き水スポットや水汲み場を巡るようになりました。

  • このサイトでは、関東地方の訪れた湧き水の記録と今後行ってみたい湧き水の下調べを掲載しています。

  • 湧き水を持ち帰り、飲み水や料理として利用するのはもちろんですが、アウトドアでは現地での給水スポットとして、ウォーキングやサイクリングではその場の水分補給として利用する方も多いようです。また、名水と呼ばれる湧き水は観光スポットとしても人気があります。

  • 持ち運べる距離にある湧き水なら、災害時には生活用水として利用できるかもしれません。

  • 湧き水マップでお近くの湧き水を探してみてください。お気に入りの湧き水が見つかれば幸いです。

  • 湧き水マップ管理人

  • 埼玉県在住、趣味はバイクツーリング

  • ※リンクはご自由にどうぞ。湧き水レポートの写真複製/転載は出典を明記していただだける場合はご連絡不要です。

湧き水マップ
水汲みに行こう。湧き水マップ