2022.11.04

日帰り温泉施設・小野上温泉ハタの湯の敷地内にある

読みは「おのがみおんせん はたのゆ」です。ロゴのフォントが微妙で「八夕」かと思いました。

もともとは「さちのゆ」という名称でしたが、2021年4月にリニューアルして「ハタの湯」となったそうです。

飲泉所は四阿になっており休憩もできます。私がいたときも年配の女性が休憩してました。

群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所
四阿の中に水場がある。写真右奥に見えるのが「ハタの湯」

採水口は温泉と水の2つ、水量は少ない

水場はなかなか立派な造りです。採水口は、温泉と水が一つずつあります。

水汲みはしやすいのですが、温泉の水量は少なく、水はポタポタ状態で、どちらも持ち帰りは難しいと思います。私はその場で飲みました。

この水量なのにポリタンクで持ち帰りをしようとする人がいるのか、「独占禁止」の張り紙がありました。

群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所
温泉と水の採水口が並んでいる
群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所
容器を置くための端材が置いてある
水量は少ない
群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所
独占禁止の貼り紙

水質検査結果、温泉成分表あり

平成31年(2019年)2月の水質検査結果が掲示されています。

検査項目が「大腸菌、一般細菌、全有機炭素(TOC)」3つしか掲載されていませんでした。必要な項目だけ書き出しているだけかもしれませんが、他と比べると少ないですね。

測定値は全て基準値をクリアしているので飲用可だと思います。

温泉成分も掲示されています。

泉質は「ナトリウム-塩化物温泉(低張性アルカリ性高温泉)」で、源泉は46.1℃、pH値は9.0、効能などは「ハタの湯」のホームページに記載されています。

この日は晴れていたのですが肌寒く、温かい温泉はなかなか良かったです。

注意書きに「飲泉は1回100〜150ml、1日の総量は200〜500mlまでとする」とありましたので、1杯だけにしておきました。

群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所
水質検査結果
群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所
温泉成分表と注意書き

温泉は地下500mから毎分558リットル

「小野上温泉の歴史」が掲示されていたので全文書き起こしておきます。文中「寛文四年」は1664年です。

この地には、古く(寛文四年)から塩川鉱泉があり、古来傷の名湯として知られ慢性潰瘍、火傷などに特効がありとし、昭和の初期頃まで盛況をみましたが、その後様々な事情から衰微の一途でした。昭和五三年、この地に摂氏四四.五度の自噴温泉(恵の湯)が発見され、小野上村(現渋川市)では住民の憩いの場として小野上温泉センターを開設し、広く温泉愛好者に好評を得ていました。その後利用者要望もあり規模の大きい施設を計画し、より多くの湯量を得るため新たにボーリングを進めた結果、地下五〇〇メートル地点より摂氏五〇.四度の温泉が毎分五五八リットル自噴(幸の湯)、これをもとに温泉センター及び周辺の旅館民宿にも分湯し、泉質の良さから「美人の湯」として多くの人に利用され喜ばれています。平成十一年九月二〇日に塩川温泉から小野上温泉と名称変更を行い現在に至っています。

現地の看板より
群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所
小野上温泉の歴史

アクセス・駐車場

吾妻線小野上温泉駅から徒歩2分です。

ハタの湯の駐車場はとても広く、小野上特産物直売所があり、その右隣に公衆トイレがあります。

小野上特産物直売所は時期により営業時間が異なりますのでご注意ください。

群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所
駐車場。右奥に見えるのが小野上温泉ハタの湯
群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所
小野上特産物直売所。写真右、同じ並びの薄茶色に見える屋根が公衆トイレ

近くの湧き水/水汲み場

群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所からクルマで30分以内に行けそうな、直線距離で半径10km以内にある湧き水/水汲み場のレポートです。

混んでいるときは、近くの湧き水で時間調整するのがオススメです。

  1. 群馬県渋川市・伊香保温泉飲泉所
  2. 群馬県東吾妻町・箱島湧水
  3. 群馬県渋川市・小野上清水
  4. 群馬県東吾妻町・金善の井

群馬県渋川市・小野上温泉飲泉所へ行く前に

公開 / 更新

特徴

天気予報

観光

地図

緯度, 経度:

コメントをいただけるとうれしいです

行ったことがある方は「美味しい」「冷たい」「ここが違う」など、まだの方はご質問など、お気軽にどうぞ。スパム防止のためいただいたコメントはすぐに公開されません。ご了承ください。

水汲みに行こう。 湧き水マップ

サイトマップRSS
English English 日本語 日本語
  • 湧き水マップについて

  • ツーリングで訪れた箱島湧水で湧き水に魅せられ、バイクで湧き水スポットや水汲み場を巡るようになりました。

  • このサイトでは、関東地方の訪れた湧き水の記録と今後行ってみたい湧き水の下調べを掲載しています。

  • 湧き水を持ち帰り、飲み水や料理として利用するのはもちろんですが、アウトドアでは現地での給水スポットとして、ウォーキングやサイクリングではその場の水分補給として利用する方も多いようです。また、名水と呼ばれる湧き水は観光スポットとしても人気があります。

  • 持ち運べる距離にある湧き水なら、災害時には生活用水として利用できるかもしれません。

  • 湧き水マップでお近くの湧き水を探してみてください。お気に入りの湧き水が見つかれば幸いです。

  • 湧き水マップ管理人

  • 埼玉県在住、趣味はバイクツーリング

  • ※リンクはご自由にどうぞ。湧き水レポートの写真複製/転載は出典を明記していただだける場合はご連絡不要です。

湧き水マップ
水汲みに行こう。湧き水マップ