「古代水」と「白神山地の水」と「アッサム夏摘み」のペアリング Vol.3

ミルクティーに向くと言われるアッサムの茶葉と、超軟水とのペアリングです。

水の甘さと茶葉の甘み、その絶妙なペアリングを、今回は楽しむことが出来ました!

茶葉「アッサム夏摘み」の特徴

アッサムはミルクティーに向く茶葉ですが、夏摘みは特に力強い渋みとコク、香りのバランスが良い茶葉です。

「古代水」と「白神山地の水」と「アッサム夏摘み」のペアリング Vol.3

お水の比較

今回は硬度の低い2種類の軟水で、比較してみました。

  • 古代水は4.5mg/L
  • 白神山地の水は0.2mg/L

それぞれの水を飲んでみると、白神山地の水には、喉を通った後にふわっと広がる甘みを感じました。

「古代水」と「白神山地の水」と「アッサム夏摘み」のペアリング Vol.3

「古代水」と「白神山地の水」との比較

熱湯150ml、茶葉2.5gを、3分蒸らしてみました。

どちらも茶葉の持ち味が、しっかりと表現されていました。

古代水は渋みが強く出て、水色(茶液の色)も褐色を帯びたのに対し、白神山地の水は明るい水色で、渋みはやや強めでしたが、冷めて来ると不思議なくらいに、茶葉の甘みを感じることが出来ました。

「古代水」と「白神山地の水」と「アッサム夏摘み」のペアリング Vol.3

さらに美味しく飲むために

白神山地の水の方で、蒸らし時間を30秒短く2分半にして、味わいの違いをみてみると、ダイレクトに伝わる渋味も落ち着いて、茶葉の甘みがより引き出されているのがわかりました。

水をそのまま飲んだ時に感じた、後からふわっと来る甘さが、蒸らし時間を少し短くしてみることで、再現されたような気がしました。

今回の超軟水の独特な甘みが、アッサム夏摘みの渋味と甘みをバランスよく、また繊細に引き出すことがわかりました。

「古代水」と「白神山地の水」と「アッサム夏摘み」のペアリング Vol.3

ジャンピング

茶葉が湯の中で、上下に動く様子をジャンピングと言います。

今回のCTCの茶葉は、丸まったままの形で上下に動いていて、その逆光でシルエットになった粒が、忙しく動く様子が何だかとても可愛く見えました。

CTC=茶葉の製造方法の一つで、

「crush:押しつぶす tear :引き裂く curl:丸める」

その3つ頭文字をとって名付けられています。

丸い粒状の茶葉の周りには、旨み成分が付いているので、短時間で美味しさを熱湯に移すことから、ティーバッグによく用いられています。

「古代水」と「白神山地の水」と「アッサム夏摘み」のペアリング Vol.3

ペアリングのまとめ

今回は水のまま飲んでみた時に感じた、余韻のように広がる甘さを再現するために、蒸らし時間を短めに調節してみました。

茶葉の甘みがより引き出されて来ることに、思わずうなずいてしまいました。

そして、冷めても茶葉の旨味が確かに残っていることにも、その繊細な旨味の継続が、超軟水ならではのペアリングだと思いました。

おすすめ3つのURL

超軟水に合いそうなアッサムを販売しています。

次回は、紅茶の道具が登場する、湧き水と紅茶のペアリングです。

どうぞお楽しみに!

コメントをいただけるとうれしいです

行ったことがある方は「美味しい」「冷たい」「ここが違う」など、まだの方はご質問など、お気軽にどうぞ。スパム防止のためいただいたコメントはすぐに公開されません。ご了承ください。


平野裕子(ティークリエイター)

平野裕子(ティークリエイター)

(株)サザビーリーグにて、ティーワークショップの企画、開催に従事。2021年5月に独立。紅茶のプラットフォーム「アニラティー」を設立。

水と紅茶のペアリングからオリジナルブレンドティーの開発まで、新しい紅茶リラクゼーションを展開中!

水汲みに行こう。 湧き水マップ

サイトマップRSS
English English 日本語 日本語
  • 湧き水マップについて

  • ツーリングで訪れた箱島湧水で湧き水に魅せられ、バイクで湧き水スポットや水汲み場を巡るようになりました。

  • このサイトでは、関東地方の訪れた湧き水の記録と今後行ってみたい湧き水の下調べを掲載しています。

  • 湧き水を持ち帰り、飲み水や料理として利用するのはもちろんですが、アウトドアでは現地での給水スポットとして、ウォーキングやサイクリングではその場の水分補給として利用する方も多いようです。また、名水と呼ばれる湧き水は観光スポットとしても人気があります。

  • 持ち運べる距離にある湧き水なら、災害時には生活用水として利用できるかもしれません。

  • 湧き水マップでお近くの湧き水を探してみてください。お気に入りの湧き水が見つかれば幸いです。

  • 湧き水マップ管理人

  • 埼玉県在住、趣味はバイクツーリング

  • ※リンクはご自由にどうぞ。湧き水レポートの写真複製/転載は出典を明記していただだける場合はご連絡不要です。

湧き水マップ
水汲みに行こう。湧き水マップ